WiMAXキャンペーンについて

 

2020年2月のWiMAX(ワイマックス)お得なキャンペーン情報をお届けします。

 

WiMAXはモバイルデータ通信サービスで3000万契約を超えるなど人気のインターネットツールです。

 

現在、WiMAXキャンペーンを行なっているプロバイダは20社を超えており、いったいどこでWiMAXを契約したらお得なのか分かり難い状況です。

 

当サイトではお得なWiMAXキャンペーンを実施しているプロバイダを比較も交えてご紹介します。

 

WiMAXはキャンペーンやプランによって費用が異なりますので、キャンペーンの内容や費用などを把握してお得にWiMAXを契約しましょう。

 

WiMAXを契約する方法とは

 

WiMAXを契約する方法は、大きく分けて2つあります。

 

申し込み先

特徴

窓口での申し込み

家電量販店

・支払い方法に関する審査が終われば即日利用可。・たまにキャッシュバックキャンペーンを実施していることがある。しかし、キャッシュバックを考慮しても費用は高め。

auショップ

・契約したその日からWiMAXを利用できるが、料金に割引がないため、お得ではない。

Web経由の申し込み

UQ公式サイト

・割引が少なく費用的に割高。

販売代理店・プロバダ公式キャンペーンサイト

・キャッシュバックや割引が豊富。WiMAXを一番お得に契約できる。ただし、公式のキャンペーンサイトから申し込みをしないとキャッシュバックなどの条件が異なることがある。

価格com

・キャッシュバックが高く、一見お得に見えるが、解約料金が高いなど条件がいまいち良くない。

 

1つ目は、auショップや家電量販店などの窓口で契約する方法。

 

窓口で契約するメリットはWiMAXの操作方法やちょっとした疑問にも丁寧に対応してくれることです。

 

また、契約したその日からWiMAXを利用できるメリットがあります。しかし、ほとんど割引のない料金なので、お得ではないことがデメリットになります。

 

2つ目は、インターネット(WEB)経由でWiMAXを契約する方法です。

 

WEBから申し込む場合のメリットは割引やキャッシュバック特典によって、窓口で契約するよりも30,000円〜40,000円ほどお得に契約できることです。

 

同様に「価格com」などでもキャンペーンは存在しますが、キャッシュバックの還元額が異なっていたり、解約料金が通常より割高なため「価格com」のキャンペーンはあまりオススメしません。

 

また、auユーザーの方はパケットプランによって最大1,000円/月の割引を受けられるauスマートバリューmineが適用されるプロバイダを選ぶとさらにお得に利用できます。

 

今ページではお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを厳選して7社ご紹介します。

 

WiMAXの端末について

 

WiMAXの端末は各メーカーで約1年に1度のペースで新しい端末が発売されます。

 

また、端末によってデザインや機能などが異なっているので、契約前にしっかり検討しましょう。

 

UQ料金、プラン、端末ぴったり診断

 

※タップすると拡大してご覧いただけます。

 

端末代金とLTEオプションについて

現在、行われているプロバイダのキャンペーンはプラン(契約期間)によって、端末代金の割引やLTEオプションが有料であるか無料であるかが異なります。

契約期間

端末代金割引

au LTEオプション

3年契約

あり

無料

2年契約

あり

有料

1年契約

なし

有料

 

※LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)を利用した月に追加で1,005円の料金が発生します。ただし、auスマートバリューmineに加入している場合はLTEオプションが無料で利用できます。

 

端末について

 

WiMAX端末は持ち運びに便利なモバイルタイプやホームルーター型の端末など、用途に合わせて選べます。

 

最新の機種は2020年1月30日に発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX06」と「WiMAX HOME 02」になります。

 

WX06は下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsの高速通信に対応。専用クレードルを利用することで、クレードルなしの場合に比べて60%電波感度が向上。

 

また、Wi-Fiバンドの切り替え不要なので、2.4GHzと5GHz同時利用が可能なものとなっています。

 

その他、昨年の1月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT W06」と「Speed Wi-Fi HOME L02」もまだまだ人気の機種になっています。

 

どちらも通信速度は下り最大1237Mbps※1(1.2Gbps)上り最大75Mbpsのギガスピードの高速通信に対応。

 

ただし、ギガスピードに対応するためには有線接続が必要です。W06場合はハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンにした状態でUSB※2接続(USBテザリング)が必要です。

 

L02の場合はPCなどの機器とLANケーブルで有線接続した場合に限ります。通常のWi-Fi接続時は下り最大速度は867Mbpsとなります。

 

また、W06とL02は360度全方位をカバーする「Wi-Fi TXビームフォーミング」を搭載。受信側もビームフォーミング対応機器であれば、中・弱電界のWi-Fi電波を20%〜30%改善され、従来のルーターよりも通信の安定性が向上しています。

 

筆者のオススメはパフォーマンスに優れた最新機種「W06」がオススメです。

 

人によって用途や利用環境は様々なので、ライフスタイルに合った端末を選択すると良いでしょう。

 

※1表記の速度は理論値の最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。※2 USB3.0以上対応のType-Cケーブルが必要になります。

 

提供エリアを確認する

▶︎UQWiMAXサービス提供エリア

 

WiMAXを契約する上でとても重要です。

 

現在、UQはWiMAX2+(ワイマックスツープラス)といったサービスを提供しています。

 

【WiMAX2+とは】

WiMAX2+とは、LTEや3Gといった無線通信技術の一規格で(Worldwide Interoperability for Microwave Access 2)の略になります。

 

従来のWiMAXよりも高速化し、高速移動中にも通信ができるように拡張したもので、時速350㎞程度の移動速度までインターネットの通信が可能なものとしています。

 

事前にWiMAX2+のサービス提供エリアをチェックしておきましょう。

 

Try WiMAXを利用することで、実際の電波状況などを無料で確認できます。

 

Try WiMAXとは、15日間WiMAXを無料でレンタルできるサービスで、期日内に返却すればレンタル料は一切かかりません。

 

実際、端末に触れて電波状況や端末の性能などを確認できるので、購入する前のいい判断材料になるかと思います。

 

無料でWiMAXを試せる良いサービスですので、是非利用してみましょう。

 

▶︎UQ Try WiMAXレンタル

 

▶︎端末機器の貸し出し状況

 

※Try WiMAXの注意点として、返却の延滞、破損、紛失をした場合に違約金が発生します。

 

レンタル機器

違約金(税抜)

Wi-Fiルーター(クレードルなし)

20,000円

Wi-Fiルーター(クレードル有り)

22,750円

UIMカード

3,000円

※Try WiMAXを申し込む際にクレジットカードが必要になります。

 

WiMAXプロバイダ10社 契約でかかる費用を比較!(2020年2月)

 

実質費用ギガ放題(3年)

※2020年2月19日0時41分 更新

試算内訳(3年ギガ放題の場合)

 例:GMOとくとくBBギガ放題3年の場合(WX06・W06・L02・HOME02)

【実質費用(122,364円)】=「事務手数料:3,000円」+「日割り料金」+「月額料金:36ヶ月分 -「キャッシュバック(34,600円)」

 

※全て税抜き表記となります。

 

2020年 2月のWiMAXプロバイダ 人気ランキング‼︎

 

 

🥇GMOとくとくBB 

GMOとくとくBB公式キャンペーンサイト 

キャンペーン期間:2020年2月1日〜2月29日

GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン

特典:キャッシュバック最大34,600円!

 

 

 

ギガ放題プラン(3年)

月額料金

端末発送月

日割り料金

1ヶ月目〜2ヶ月目

3,609円(税抜)

3ヶ月目〜

4,263円(税抜)

キャッシュバックの受け取り

【キャンペーンの対象になる方】

新規の方が対象。

(過去に同一名義でGMOとくとくBBを利用して特典を受けたことのない方

 

【キャッシュバックの受け取りについて】

端末発送月を含む11か月目に基本メールアドレス「加入時に作成された××@gmobb.jp」宛に「GMOとくとくBBキャッシュバック特典のご案内といった内容のメールが来ます。

 

メール記載のURLをクリックします。入力フォームから振込先の銀行口座を指定し、返信します。

その後、口座情報入力完了メールが届きます。

 

返信があった翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込まれます。

 

※案内メールが送信日から翌月末(1ヶ月以内)に受取口座の登録をしないと特典が無効になりますので注意してください。

 

※契約時に加入したGMOとくとくBB安心サポートやWi-Fiオプションが不要な場合は端末受取り月の翌月以降にBBnaviからオプションを解除することができます。

オプションを解約した場合でもキャッシュバックを受けることができます。

 

【特典を受けるための条件】

料金の未納がないこと。

・途中解約していないこと。

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

GMOとくとくBB月額料金割引キャンペーン

20,000円相当の端末機種代無料!30,808円の月額値引き!さらに今なら2,000円のキャッシュバック進呈!

 

 

 

月額料金

ギガ放題プラン月額料金(3年)

端末発送月

日割り料金

1ヶ月目〜2ヶ月目

2,170円(税抜)

3ヶ月目〜36ヶ月目

3,480円(税抜)

37ヶ月目〜

4,263円(税抜)

初期費用・その他

初期費用

3,000円(税抜)

ユニバーサル料金

2円/月(税抜)

取り扱い端末

WX06、W06、WX05、L02、WiMAX HOME 02

オプションサービス

安心サポート

(月額300円/月)最大2ヶ月無料

安心サポートワイド

(月額500円/月)初月無料

街でも高速インターネット

(月額362円/月)最大2ヶ月無料

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

対応

支払い方法

クレジットカード

端末の発送

即日発送可(平日15時30分まで、土日祝日14時までの受付分)通常発送は受付完了から4営業日以降順次発送となります。端末機器の在庫状況により発送が遅れる場合もあります。

GMOとくとくBBについて

GMOとくとくBBはキャッシュバックや割引を特典としたお得なキャンペーンを行なっています。

 

auスマートバリューも適用になることから、トータル的な費用を考えると、現行のWiMAXキャンペーンの中では最もお得なプロバイダです。

 

現在、GMOとくとくBBが実施しているお得なキャンペーンは主に2つです。

 

1つ目はキャッシュバックを特典としたキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

2月は全機種34,600円のキャッシュバックを進呈しており、とても高還元なキャンペーンを実施しています。

 

2つ目のキャンペーンは月額料金からの割引を特典としたGMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンになります。今月は月額料金割引の他に2,000円のキャッシュバックを進呈しています。

 

費用は少し高くはなりますが、割引が確実に受けられるプランになります。

 

キャッシュバックの注意点として、11ヶ月目にGMOとくとくBB側から基本メールアドレス(加入時に付与されたアドレス)宛てにメールが送信されてきます。そのメールから手続きをする必要があります。

 

基本メールアドレスはGMOとくとくBBの会員ページ、BBnaviの「現在ご利用中のサービス」から確認できます。

 

キャッシュバックに関する、お知らせメールは見落としてしまう可能性もありますので、見落とさないための対策をしておきましょう。

 

万が一、メールを見落としてしまったり、期間内に手続きができなかった場合、残念ながら特典が無効になってしまいますので注意しましょう。

 

見落とさないための対策として、手帳に予定をメモするのも良いですし、スマホなどのカレンダーやリマインダー機能を活用するのも良いでしょう。

 

もう一つの対策として、プロバイダ専用のメールを普段利用しているメールアドレスへ転送設定をすることも可能です。メールの見落としを防止できるため、設定しておいて損はないと思います。

 

転送設定については、契約後にGMOとくとくBBの会員ページ(BBnavi)から設定ができます。

 

転送の設定についてはこちらのページをご覧ください。

 

様々なWiMAXキャンペーンを比較した結果、最もお得でおすすめなキャンペーンはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンになります。

 

このキャンペーンは2月29日までとなります

 

 

🥈  JP WiMAX

JPWiMAX公式キャンペーンサイト

キャンペーン期間:2020年2月1日〜2月29日

JP WiMAXキャンペーン

特典:Amazonギフト券10,000円

 

 

 

ギガ放題プラン(3年)

月額料金

契約月

日割り料金

2ヶ月目〜3ヶ月目

2,800円(税抜)

4ヶ月目〜24ヶ月目

3,500円(税抜)

25ヶ月目以降

4,100円(税抜)

Amazonギフト券の受け取り

①限定キャンペーンサイトから申し込みを行う。

 

②端末到着後に「JP WiMAXへのお申し込み完了メール」といった件名のメールに記載されているURLから、端末と同封の契約IDなどをご入力して申込みを行います。

 

③限定サイト経由からの契約が確認されれば「JPWiMAX限定 Amazonギフト券送付」といったメールにAmazonギフト券コード(16桁の英数字が添付されています。

 

初期費用・その他

初期費用

3,000円(税抜)

端末代

実質無料(※2年以内の解約は端末の返却が必要)

取り扱い端末

W06、W05、L02

オプションサービス

端末安心サポート(550円/月)     Jpサポート(907円/月)

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

非対応

支払い方法

クレジットカード

端末の発送

当日午前中のお申し込みであれば、端末の在庫状況に応じて即日発送も可能です。それ以降の申し込みは翌営業日の発送となります。

JpWiMAXについて

JP WiMAXは「フォン・ジャパン株式会社」が運営するプロバイダです。「Fon」という世界最大のWi-Fiサービスプロバイダになります。

 

2018年からWiMAXの販売を開始しました。比較的新しいプロバイダになります。

 

JP WiMAXの1月のキャンペーンは月額料金割引と併せ、Amazonギフト券10,000円分を進呈するキャンペーンを実施しています。

 

JP WiMAXは面倒な手続きなしで貰えるAmazonギフト券が魅力です。他のプロバイダとは異なり、一定期間経過後(1年後)の手続きが必要ありません。

 

デメリットはauスマートバリューmineが適用にならないことや、3年以内の解約料金が高いことです。

【解約料金 】

1年未満の解約は30,000円、3年未満の解約は25,000円になります。37ヶ月目更新月についてはは解約料はかかりません。

 

また、2年以内の解約は端末の返却が必要になり、端末の返却がない場合は契約月残数×1,600円が発生するので注意が必要です。

 

 

🥉 Broad WiMAX

BroadWiMAX公式キャンペーンサイト

キャンペーン期間:2016年3月1日〜終了未定

Broad  WiMAXキャンペーン

特典:今だけ初期費用18,857円割引(クレカ払い限定)

 

 

 

Broad  WiMAXギガ放題最安プラン月額料金(3年)

月額料金

ご利用開始月

日割り料金

1ヶ月目〜2ヶ月目

2,726円(税抜)

3ヶ月目〜24ヶ月目

3,411円(税抜)

25ヶ月目以降

4,011円(税抜)

初期費用・その他

初期費用

事務手数料3,000円(税抜)

※口座振替指定のは18,857円の初期費用が発生します。

取り扱い端末

WX06、W06、L02、WiMAX HOME 02

オプションサービス

・安心サポートプラス(月額300円/月)

・My Broadサポート(月額907円/月)

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

対応

支払い方法

クレジットカード、口座振替

端末の発送

お申し込み処理確定後すぐに端末発送の準備に入り、最短で即日端末を発送。審査や地域・在庫の状況により、即日発送ができない場合もございます。ご了承ください。

Broad WiMAXについて

様々なプロバイダがありますがBroad WiMAXは一度は気になるプロバイダではないでしょうか。

 

Broad WiMAXのメリットは月額が他社より多少安いこと。

 

また、「店舗受取サービス」といった独自のサービスを行なっています。

 

店舗受け取サービスとは、東京、埼玉、大阪にありるBroad WiMAXの店舗に端末を取りに行けば、受け取ったその日からWiMAXが利用できるサービスになります。

  

Broad WiMAXの支払い方法はクレジットカードまたは口座振振替から選択ができ、クレジットカード払いを指定した場合はキャンペーンにより初期費用はかかりません。

 

しかし、初期費用が無料になる代わりに条件があります。

 

条件とは、契約の際にオプション加入を求められ、「安心サポートプラス(550円/月)」と「My Broad安心サポート(907円/月)」2つのオプションに加入しなければいけません。

 

端末の到着後にすぐに解約ができますが、初回は安心サポートプラス(550円/月)などの利用料が請求されます。

 

不要な場合は忘れずにオプションの解約をしておきましょう。

 

一方、口座振替の場合は初期費用(18,857円)がかかるため費用が割高になってしまいます。

 

その他の注意点として、途中解約には注意が必要です。

例えば、更新月以外に解約した場合、契約解約料とは別に、キャンペーン契約解約料9,500円が請求されるので途中解約には注意しましょう。

 

Broad WiMAXは他のプロバイダと比べると月額が安いことがメリットです。また、費用面においても比較的お得なプロバイダとなっています。


 

 

4位  カシモWiMAX

カシモWiMAX公式キャンペーンサイト

カシモ WiMAXキャンペーン

特典:月額料金値引き42,755円・端末代20,000円無料

 

 

 

最安級プラン(W05)

ギガ放題プラン(3年)

月額料金

初月

無料

1ヶ月目

1,380円(税抜)

2ヶ月目〜24ヶ月目

3,480円(税抜)

25ヶ月目以降

4,079円(税抜)

新端末プラン(W06・WX06・WX05・L02・ HOME L02/01)

ギガ放題プラン(3年)

月額料金

初月

1,380円(税抜)

1ヶ月目

1,380円(税抜)

2ヶ月目〜24ヶ月目

3,580円(税抜)

25ヶ月目以降

4,079円(税抜)

※初月は日割り料金ではありません。

初期費用・その他

初期費用

3,000円(税抜)

ユニバーサル料金

2円/月(税抜)

取り扱い端末

W06、WX06、WX05、W05、L02、WiMAX

HOME02、01

オプションサービス

端末修理 安心サポート(月額300円/月)

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

非対応

支払い方法

クレジットカード

端末の発送

お申込み当日から翌日には発送。発送から1日~2日で到着となります。

カシモ WiMAXについて

カシモWiMAXは「株式会社MEモバイル」が運営するプロバイダです。

 

WiMAXの他にも中古スマホ販売や格安SIMサービスなども展開しています。

 

カシモWiMAXのキャンペーンは「新端末プラン」または「最安値級プラン」と2つの月額料金割引キャンペーンを行なっています

 

また、それぞれプランによって選べる端末が異なっています。

「新端末プラン(3年)」:W06、WX06、WX05、L02、WiMAX HOME02、01

「最安値級プラン(3年)」:W05

 

申し込みから8日以内であればキャンセル(初期契約解除)可能です。ただし、事務手数料はキャンセルした場合でも請求されます。

 

カシモ WiMAXのデメリットはauスマートバリューmineが非対応なことです。スマホ割が適用されないので、auユーザーの方はあまりメリットがありません。

 

また、カシモ WiMAXで販売している端末は、新古品(未使用品)といった扱いの商品になります。一度、開封されている場合もありますが、ほとんど美品です。

 

カシモWiMAXのキャンペーンは月額が安く、月々の負担を抑えられる点はメリットと言ってもいいでしょう。

 

最安プランはお得なものの、新端末が少し割高なのが残念なところです。

 

 

5位  BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX 2+キャンペーンサイト

キャンペーン期間:2020年1月7日〜2020年3月1日

BIGLOBEキャッシュバックキャンペーン(1年)

キャッシュバック 7,000円!(データ端末とSIMカードセットの場合)

 

 

ギガ放題プラン(1年)

月額料金

サービス開始月

0円

1ヶ月目〜3ヶ月目

2,980円(税抜)

4ヶ月目〜

3,980円(税抜)

※月額料金にはベーシックコース料金(200円/月)が含まれています。

キャッシュバックの受け取り 

「BIGLOBE WiMAX 2+」を申し込み。

※加入時の連絡先メールアドレスは、Gmail、Yahoo!メールなどのフリーメールアドレスも登録できます。普段利用しているメールアドレスを登録しましょう。

 

②キャッシュバック対象月はサービス開始月の翌月(契約から2ヶ月目)の月初1日目に連絡用メールアドレス(登録した普段利用しているメールアドレス)宛に、BIGLOBEより【重要】【BIGLOBE】送金受取手続きのご案内といった内容のメールが届きます。

 

※メール送信から45日以内に振込希望指定口座を登録する

 

キャッシュバックの受け取りはキャッシュバック対象月の2日目の午後2時から会員ページから手続きが行えます。

 

③メールに従ってBIGLOBE会員ページ(マイページ)にログイン。マイページ特典一覧を参照します。

 

お知らせ欄の受付番号をメモまたはコピペし、受け取り手続きへ進みます。

 

BIGLOBE提携先イーコンテクスト社「CASH POST」にて「受付番号」「金融機関情報」等を入力する。

特典お知らせ欄に掲載された「受付番号」

 

⑤手続き完了から数日で指定の口座に振り込まれます。

キャッシュバック「指定口座受取」の手続き方法について

 

初期費用・その他

初期費用

3,000円(税抜)

端末代金

19,200円

ベーシックコース料金

200円(税抜)/月

ユニバーサル料金

2円/月(税抜)

取り扱い端末

WX06、W06、WX05、L02、WiMAX HOME02

オプションサービス

セキュリティセット・プレミアム

(月額380円/月)最大2ヶ月無料

BIGLOBEお助けサポート

(月額475円/月)最大2ヶ月無料

インターネットザキウォール

(月額300円/月)初月無料

パスワードマネージャー月額版

(月額150円/月)初回初月無料

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

対応

支払い方法

クレジットカード、口座振替

端末の発送

データ端末は通常、2日~1週間でお届けとなります※ 在庫状況や配送状況により発送までに2週間以上かかる場合があります。

BIGLOBE WiMAX2+について

BIGLOBEはKDDIのグループ企業です。キャシュバックキャンペーンを実施しています。

 

BIGLOBE2月のキャンペーンは端末とSIMカードがセットで申し込みの場合、7,000円のキャッシュバックを進呈しています。

 

キャッシュバックはサービス開始月の翌月(2ヶ月目)に所定の手続き完了後に受け取れます。

 

支払い方法は、クレジットカードまたは口座振替のどちらかを選択できます。

 

契約期間は他のプロバイダより期間は短く、1年契約になります。1年経過後は解約料金がかかりません。

 

ただし、端末代金と月額料金が分離している料金形態のため、最初の2年間は月額料金に追加して端末代金800円/月×24回(端末代19,200円)がかかります。

 

よって、1年で解約する場合は端末代金の残債分(9,600円)を一括で支払う必要があります。2年経過後は解約対する料金はかかりません。

 

口座振替の場合は端末代金19,200円を代金引き換えで一括支払いになります。代引きの際、代引き手数料400円がかかります。

 

また、口座振替の場合は毎月の支払いにの際に振替手数料200円が発生します。なので、クレカ払いよりは費用的に少し割高に設定されています。

 

クレードルや専用アダプタについては、W06の場合、ACアダプタは2,750円で販売。WX05クレードルは3,686円(ACアダプタ2,750円)で販売されています。全て税抜き価格になります。

 

BIGLOBEはプロバイダサービスも充実しており、信頼ある老舗プロバイダなので、根強い人気があります。

 

このキャンペーンは3月1日までとなります

 

 

6位 So-net WiMAX2+ 

So-net WiMAX2+公式キャンペーンサイト

キャンペーン期間:2020年2月1日〜2月29日

So-net月額料金割引キャンペーン

カスペルスキー・So-net安心サポート・So-netくらしのお守りワイド:12ヶ月無料

 

 

 

So-net Flatツープラスギガ放題(3年)

 

ご利用開始月

無料

月額料金

1ヶ月目〜12ヶ月目

3,380円(税抜)

 

13ヶ月目〜36ヶ月目

4,379円(税抜)

 

37ヶ月目以降

4,379円(税抜)

※月額料金にはモバイルコース料金(200円/月)が含まれています。

So-net WiMAX2+詳細

初期費用

3,000円(税抜)

モバイルコース料金

200円(税抜)/月

ユニバーサル料金

2円/月(税抜)

取り扱い端末

WX06、W06、L02、WiMAX HOME02

オプションサービス

カスペルスキーセキュリティ

(月額500円/月)

So-net安心サポート

(月額300円/月)

So-netくらしのお守りワイド

(月額450円/月)

3オプション12ヶ月無料!

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

対応

支払い方法

クレジットカード

端末の発送

最短翌日発送。到着までの目安は、申し込み3~10日後です。

※お申し込み内容や利用状況、または、在庫・製造状況等により、発送に時間がかかる場合あります。

So-net WiMAX2+について

So-net「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営しているプロバイダです。

 

2月のキャンペーンは月額割引キャンペーンを実施中です。

 

プランはギガ放題(3年)またはFlatツープラス(月間7GBまでの)プラン(3年)から選択ができます。

 

また、利用開始から2年10ヶ月目以降は無料で最新端末に機種変更が可能。契約はそのままで違約金はかかりません。

▷▷WiMAX 2+ → WiMAX 2+ 機種変更受付ページ (UQコミュニケーションズ株式会社)

 

So-netは独自のプロバイダサービスが充実。カスペルスキー セキュリティ、So-net安心サポート、So-netくらしのお守りワイドなど、3オプションが最大12ヶ月(約30,000円相当)無料で利用できます。

 

また、So-netで別のサービスを利用している場合はモバイルコース会員料金がかからないので、毎月200円ほど月額がお得になります。

  

また、すでにSo-net会員の方でWiMAXを継続利用を検討している方はこちらのキャンペーンも行なっていますので是非参考にしてみてください。

 

このキャンペーンは2月29日までとなります


 

 

7位  UQ WiMAX

UQ WiMAX公式キャンペーンサイト

キャンペーン期間:2019年10月1日〜未定

UQ WiMAXキャンペーン

特典:キャッシュバック3,000円分進呈!

 

 

 

新ギガ放題ず〜っとプラン月額料金(2年)

月額料金

1ヶ月目〜25ヶ月目

3,880円(税抜)

26ヶ月目以降

3,380円(税抜)

初期費用・その他

初期費用

3,000円(税抜)

端末代(有料)

15,000円

ユニバーサル料金

2円/月(税抜)

取り扱い端末

WX06、W06、WX05、L02、WiMAX HOME02

オプションサービス

端末補償サービス(月額380円/月)

端末安心補償(月額500円/月)

WEBROOTカスペルスキーマカフィー(各月額500円/月)

グローバルIPアドレス

96円/月(税抜)

auスマートバリューmine

対応

支払い方法

クレジットカード、口座振替

端末の発送

料金のお支払いをクレジットカードでお申し込みなら最短で当日に発送。お申し込み時間帯によって、加入審査が翌日になる場合があります。

キャッシュバックの受け取り

①契約月の翌月にお申込み時に登録したEメールアドレスにメールで連絡が来ます。

※迷惑メール設定などによってはメールが届かない場合があります。必ずドメイン「@dsg.uqc.jp」の受信設定を行なってください。

 

②Eメールに記載されたURLのページから指定口座指定します。

 

③翌営業日にキャッシュバックが振り込まれます。

(金融機関によっては遅れる場合もあります。)

UQWiMAXについて

UQ WiMAXはWiMAXの本家であり、生みの親といったところです。

 

2019年10月1より新ギガ放題プラン月額3,880円(契約期間2年)がスタートしました。2年以内の解約の場合、解約料は1,000円に変更されました。

 

ただし、端末代金と月額を分離した形式のプランなので、端末代金は割引が適用されず、実質的に端末代金は値上げとなります。

 

UQ WiMAXのメリットは15日間無料でWiMAXを試せるTry WiMAXといった便利なサービスが無料で利用できることです。

 

お住まいの地域の電波状況を把握することができ、同時に最新の端末なども体感できるので、利用してみる価値はあると思います。

 

try WiMAXは本契約とは別のサービスなので、料金は発生しません。

 

UQ WiMAX2月現在のキャンペーンとして、キャッシュバック最大3,000円を進呈するキャンペーンを実施中です。

 

ただし、クレジットカード支払いの方が対象なので、口座振替指定の場合はキャッシュバックの対象外となります。

  

店頭などでの申し込みの場合、特典が異なるの場合もあるので、WEBサイト限定のキャンペーンを活用しましょう。

【WiMAXを15日間無料でお試し‼︎】

Try WiMAX


※上記のキャンペーン情報は2020年2月19日に更新をしています

 

プロバイダのWiMAXキャンペーンについて

  

プロバイダ選びはキャンペーンがたくさんあって迷うとは思いますが、本当にオススメできるキャンペーンは数件になります。

  

現在、行われているWiMAXキャンペーンの中で間違いなくお得なキャンペーンは、キャッシュバックが最大34,600円と高還元なGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンになります。

 

ただし、キャッシュバックキャンペーンは注意しないとキャッシュバックを貰えなくなる可能性もあるので、申し込み前に注意事項をよく読んでから申し込みをしましょう。

 

GMOとくとくBBの場合、過去に同じ名義でWiMAXキャンペーンを利用し、キャッシュバックを受けたことのある方は同じ名義で再度申し込んでもキャッシュバック(特典)を受けられないのでご注意ください。

 

また、キャッシュバックを受けるためには契約から11ヶ月目にプロバイダ側から送信されてくるキャッシュバックの受け取りに関するお知らせメールから支払い口座を指定する必要があります。

 

万が一、お知らせのメールを見落としてしまったり、期間内に手続きができなかった場合はキャッシュバックが貰えなくなる場合もあります。

 

忘れないための対策として、カレンダーやリマインダーの通知機能を活用し、お知らせメール見落とさないように対策しておきましょう。また、契約更新月もカレンダーに登録しておくと忘れずに済むと思います。

 

しかし、キャッシュバックの受け取り手続きが面倒、手続きを忘れそうで不安といった方は、一定額の割引が確実に受けられ、リスクの少ないGMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンをオススメします。

 

その他、BIGLOBE、 So-netの場合、同じプロバイダで他の接続サービスを利用している方は会員料金が重複してかからないので、毎月200円程度安く利用できます。

 

また、ご契約中の携帯会社がauの方はauスマートバリューmineが適用になるプロバイダを選択すると、月々のスマホ代から最大1,000円/月、割引になります。

 

契約中のスマホのパケットプランによって割引額が変わってきますので、割引額を予めチェックしておきましょう。

 

WiMAXを契約する際は、支払い方法、月々の料金、キャッシュバックの受け取り方法、契約更新月、解約方法など事前によく確認しておきましょう。同時に契約期間にかかる費用も把握しておくと良いと思います。

 

プロバイダキャッシュバックの推移

WiMAXプロバイダのキャッシュバックの推移をグラフで表しています。

 

キャッシュバックは時期によって高い場合と低い場合がありますが、今月は特典であるキャッシュバックがやや高い傾向です。

 

2月の時点で、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは最大34,600円のキャッシュバックを進呈中。

 

BIGLOBEは最大7,000円のキャッシュバックを進呈。続いて、JP WiMAXは10,000円のAmazonギフト券を進呈しています。

 

So-netについては、現在キャッシュバック進呈するキャンペーンは行なっていません。また、@niftyに関しては現在キャンペーンを休止しています。

 

UQ WiMAXはキャンペーンでは最大3,000円のキャッシュバックを進呈するキャンペーンを行なっています。

 

グローバルIPアドレスについて

 

オンラインゲームやリモートアクセスなどを利用する際に便利なグローバルIPアドレスですが、プロバイダによっては対応していない場合もあるので確認しておきましょう。

 

オプションになりますので使用した月のみ加算されます。

 

プロバイダ

オプション

料金

GMOとくとくBB

あり

96円(税別)/月

JP WiMAX

なし

-

BIGLOBE

あり

96円(税別)/月

Broad WiMAX

あり

96円(税別)/月

カシモ WiMAX

なし

-

So-net

あり

96円(税別)/月

UQ WiMAX

あり

96円(税別)/月

 

auスマートバリューmineについて

 

スマホなどauご契約中の方は「auスマートバリュー mine」の割引が適用になり、お得度がさらに増します。

 

月々のスマホ代から最大1,000円(税別)円/月の割引。年間にすると最大12,000円(税別)の割引になります。

 

auスマートバリュー mine」が適用となるプロバイダに関してはGMOとくとくBB、Broad WiMAX、BIGLOBE、So-net、UQ WiMAXが対応プロバイダです。JPWiMAXとカシモWiMAXは適用になりません。

 

「auスマートバリュー mine」は契約しているデータ(パケット)プランによって割引の金額が異なりますので、下記リンクにてご確認ください。

 

▶︎auスマートバリュー の詳細について

 

WiMAXの端末が届いたらauショップ、または下記の電話番号からauスマートバリュー mineの申し込みをします。

  

KDDI お客様センター

au携帯から

(局番なし) 157 (通話料無料)

一般電話から

フリーコール 0077-7-111 (通話料無料)

受付時間

年中無休 オペレーターとの通話は9:00~20:00となります。

 

解約について

契約の際に注意したい点としては、WiMAX契約期間中に場合によっては途中解約する場合もあるかもしれません。

 

解約料や解約方法は各プロバイダで定められていますので、よく把握した上で契約をしましょう。

 

◎プロバイダ解約方法一覧

GMOとくとくBB

「BBnavi」から当月20日までに解約の手続きをし、当月末に解約。SIMカードも解約月の翌月末までに返却する。

詳細

JPWiMAX

お問い合わせメールフォームから解約の申請をし、手続きが行われれば当月末に解約。(※2年以内の解約の場合は端末の返却が必要)

詳細

BIGLOBE  WiMAX2+

毎月25日までにオンラインから解約申請をして当月末日に解約。

詳細

Broad  WiMAX

毎月25日までに電話から解約申請をして当月末日に解約。(※電話が繋がりにくい場合あり)

詳細

カシモ WiMAX

更新月20日の19時までにカスタマーセンターに連絡をして当月末に解約。

詳細

So-net  WiMAX2+

オンラインから解約。即時から月末まで指定できます。

詳細

UQ  WiMAX

解約したい日に電話をするか書面を郵送して解約。

 詳細

 

WiMAXの帯域制限について

UQ Flatツープラス ギガ放題速度制限について

帯域制限についてですがUQ Flatツープラス ギガ放題場合は、ハイスピードモード「WiMAX 2+」において、月間データ量の制限はありません。

ただし、「au 4G LTE」(ハイスピードプラスエリアモード)に関しては、月間7GBを超えた場合にWiMAX2+(ハイスピードモード)も同時に制限の対象になります。当月末まで送受信最大128kbpsの速度制限が適用され、翌月1日に順次解除されます。

▶︎「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限

UQ Flatツープラス 速度制限について

一方「UQ flatツープラス」の場合は、「au 4G LTE」ハイスピードプラスエリアモード)、WiMAX2+(ハイスピードモード)を利用して、通信量が月間7GBを超えた場合に、当月末まで送受信最大128Kbpsの速度制限が適用されます。

 

また、「au 4G LTE」(ハイスピードプラスエリアモード)も同様、通信量が月間7GBを超えた場合にWiMAX2+(ハイスピード)も送受信最大128kbpsの速度制限の対象となります。尚、この速度制限は当月末までとし翌月1日に順次解除されるとしています。

▶︎「UQ Flatツープラス」の速度制限

3日間の速度制限変更について

2017年2月2日(木)から速度制限が変更になりました。

変更後は直近3日間で「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計が10GBを超えた場合、翌日18時頃〜翌々日の2時頃まで速度制限の対象となります。

尚、制限時の通信速度に関しては、YouTube動画720p(標準画質レベル)で視聴できる程度の速度1Mbps※1としています。

 

※1送受信最大速度であり実際の速度は電波環境により異なる場合があります。

混雑回避のための速度制限の変更について

WiMAX(ノーリミットモード)について

WiMAX(ノーリミットモード)2020年3月31日サービスを終了し、WiMAX2+に完全移行する予定です。

現在、ノーリミットモードに対応した端末はプロバイダのキャンペーンでは販売していません。 

 

10GBってどれくらい?

内容

データ量

10GB

WEBページ閲覧

約300KB/1ページ

約34,900ページ

メール送受信

約500KB/1通

約20,900通

YouTube (5分間)

超高画質

約113MB

約88回(約7時間)

高画質(HD)

約60MB

約166回(約13時間)

標準画質(SD)

約17.5MB

約570回(約47時間)

低画質

約10MB

約1,000回(約83時間)

楽曲のダウンロード

約4MB/1曲(4分間程度の楽曲)

約2,500曲

 

速度制限について、ギガ放題プランの場合、通信混雑回避の速度制限として3日間で10GBを超えた場合に速度に制限の対象になります。

 

制限時の通信速度は概ね1Mbps程度(YouTube標準画質視聴可能な程度)としています。

 

では、実際に10GBでどれくらい利用できるのか計算してみました。因みに1GBは約840万パケットになります。

 

オンラインゲームや重たいソフトをダウンロードしない限り、3日間で10GBは届かない場合が殆どです。しかし、スマホアプリやPCなどのソフトウェアのアップデートなど、場合によっては10GBを超えてしまう場合もあるかもしれません。

 

現在の速度制限は翌日の18時〜翌々日の2時までの8時間程の速度制限ですので、それほど気にしなくても良いかと思います。

 

因みに、過去には3日間で3GBを越えると、翌日の昼から翌々日の昼までの制限でした。つまり、一日中制限にかかり不便でした。今では制限される時間が大幅に短縮されたと言えます。

 

しかし、気をつけなければいけない点はau LTE(ハイスピードプラスエリアモード)利用した場合になります。

 

ハイスピードプラスエリアモードを利用して月7GBを超えた場合、LTEだけではなく、普段利用するWiMAX2+(ハイスピードモード)も同時に制限されます。

 

制限時の通信速度が128Kbpsと遅くなり、翌月1日にならないと制限が解除されません。LTEオプションの使いすぎに注意しましょう。

 

プロバイダによって通信品質に違いはある?

 

WiMAXプロバイダから契約する際に気になることだと思います。

 

Q、プロバイダによって電波の強度や通信品質に違いはある?

 

A、WiMAXの契約がどのプロバイダであっても電波の強度や通信品質に違いはありません。

 

@WiMAX 当サイトについて

 

最後までご観覧頂きありがとうございます。皆様がライフスタイルに合ったベストな選択であることを心より願っております。

 

当サイトで掲載しているキャンペーンはプロバイダ公式のキャンペーンとなります。掲載についてはプロバイダ様と提携をし、当サイトにてご紹介させて頂いております。

 

 WiMAXキャンペーンに関して、今後もできるだけ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので「WiMAX情報」@WiMAXを今後ともよろしくお願い致します。